アマチュア無線

アマチュア無線リンク集です。
現在サービスメンテナンス中です。

アマチュア無線

アマチュア無線は、その免許に年齢制限はなく、世代を問わずに楽しめる趣味である。 かつて無線通信技術の商業利用が始まる前の時代では、個人の研究者が興味を満たすために無線機を自作して通信を行っていたのであり、すべての通信がアマチュア無線であった。日本でのアマチュア無線の歴史は、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可された事から始まる

アマチュア局の開局手続き

アマチュア局の開局手続きの項目では、日本においてアマチュア無線を愉しむために、日本国内で必要な種別の無線従事者免許証を有する者が、電波法に基づき無線局免許状を取得する手順について解説する。 日本ではアマチュア無線の運用に、無線家本人が試験を受けて取得する免許証と、無線局の技術適合について審査し発行される免許状のふたつが必要となる。アマチュア局には個人が開局する個人局と、団体が開局する社団局があり、識別信号(呼出符号)の割り当てで区別されている。国によっては従事者と無線局の免許状を区別しない(例・アメリカ合衆国)場合もある。

社団法人日本アマチュア無線連盟

社団法人日本アマチュア無線連盟(The Japan Amateur Radio League, Inc. =J.A.R.L.)は、アマチュア無線の振興を図り、その権益を擁護する事を主な目的とする、アマチュア無線家を中心として組織された日本の社団法人である。英文略称から「ジャール」と呼称される。 「角を丸め縦向きにした菱形の中に、アンテナ・コイル・アースの記号(無線設備の象徴)、四隅に頭文字」が標章である。文字以外は世界中の同種団体でほぼ共通となっている。会員はこの標章を自己の無線局やQSLカードなどに掲示する事ができる。

短波

短波(HF、High Frequency、SW、Short Wave)は、電磁波のうち短波帯(3MHz〜30MHz)の周波数の電波をいう。波長は100m〜10m。 伝搬の特徴として、電離層での反射により上空波が遠方まで到達するため、適切な設備を使い適切な周波数を選べば、世界中との通信が可能である。受信信号の周期的な強弱の変化(フェージング)があり、安定度は劣る。また、昼夜・季節による電離層の変化のため、周波数や電波の放射角度などを変更し安定した通信を確保する。短波無線機は、航空洋上管制や漁業無線に用いられる。 衛星通信の台頭により重要度は低下しているが、インフラが不要であることから、その特長を生かした使われ方がされている。

有線ラジオ放送

有線ラジオ放送(ゆうせんラジオほうそう)とは、有線電気通信設備を用いた音声その他の音響の放送である。有線音楽放送又は単に有線放送ともいう。 なお、「有線」「有線放送」という言葉は地域によって有線放送電話のことを指す場合があるので注意が必要。 キャンシステムはケーブル放送網での音楽提供と衛星受信可能な地域ならば日本全国で聴ける「SPACE DiVA(スペースディーバ)」・「BUSINESS DiVA(ビジネスディーバ)」と呼ばれる衛星放送を主とする。有線放送業界第2位であり、株式会社USENに次ぐ規模となっている。

FX 初心者 weblink.ne.jp リンク集 ウェディング Amazon 通販 Amazon ゲーム