ショッピング・ネット通販

ショッピング・ネット通販リンク集です。
現在サービスメンテナンス中です。

買物

買物(かいもの、買い物)とは、ショッピングまたは買出し(かいだし)とも呼ばれ、貨幣を媒介して商品を購入する行為及びそこに至るまでの過程を指す。 単に物品やサービスを購入するだけの場合には購買(こうばい)とも呼び、買う過程を含む買物とは区別される傾向も見られる。

インターネットオークション

1990年代以降、インターネットを通信媒体として利用したネットオークションサイトが登場し、一般の人でも手軽に出品や入札ができるようになった。ネットオークションはインターネット環境の整った国で一般に利用されており、国際取引も増加している。特にアメリカ・イギリス・オーストラリア等の英語圏や中国・台湾・シンガポール等の中国語圏での国際取引が活発であり、国際宅配業者を利用したネットオークション取引が盛んに行われている。 だが、アメリカはAmazon.comに代表される企業 - 個人間の電子商取引の充実に伴い、ネットオークションは当初の勢いを失っているという。消費者は、欲しいものであれば多少の値引きと引き替えにオークションに時間を取られることよりも、固定価格で手間をかけずに素早く購入できる買い物を望むようになっている。その結果、電子商取引において、ネットオークションよりも固定価格による商品販売の方が、売上が伸びている[1]。

通信販売

通信販売(つうしんはんばい、略称・通販)とは、小売業態のうちの無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法。 近年の電子商取引の普及に伴い、「通信販売」「通販」と言うと単にインターネットのウェブサイト等による電子商取引を意味する事もある。これについては電子商取引の項目を参照。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストア(convenience store)とは、年中無休で長時間の営業を行い、小規模な店舗において主に食料品、日用雑貨など多数の品種を扱う形態の小売店である。 略称は「コンビニ」、「CVS」などで、これらの略称が定着する前の1980年代以前には「コンビ」「深夜スーパー」などという呼び方もされた。 多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。 経済産業省の商業統計での業態分類としての「コンビニエンスストア」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。

ショッピングの極意

ポイント還元に敏感に反応すること。値引率、価格等を徹底的に調査し、送料などとの兼ね合いも考えた上で最安値を探すのが極意である。 オンラインショッピングでは価格は安いが送料は高いというからくりがしばしばあるため初心者は注意が必要である。

weblink.ne.jp リンク集 ウェディング アマゾンのゲーム  株 投資 外国人 友達 アマゾン CD amazon dvd ランキング エックスサーバー FX 初心者 2010年カレンダー DS amazon アマゾン 任天堂wii アマゾン PSP アマゾン PS3 あまぞん com